今日の思想

日々の思想備忘録

2021年1月20日(水)の思想

目次

チケット取りやらかす

朝9時半から先着のチケ取りだったのだけど、パソコンがフリーズして思うように狙った所が取れずそれなりに発狂した。
ただ、その時に自分の中で浮かんだ第二案を抑えで取ったら、それなりに座りたいような所が取れて「なんだこれでいいじゃん」となった。

目的が不明確だと結局何をやっても満たされないし、目的がピンポイントだと自分を追い詰めすぎるので「なんかざっくりこのくらい」でいいんだろうなあ。

最前である必要はないのだが、劇場じゃないから難しいな。
わたしはわたしが見やすいところで見たいだけなんだけど、果たしてそれはどこなのか。
わからないまま終わってしまう、ヤバい!!!!!

極論どこで見てもいいという話なのでは???(多分そう)
いい作品は別にどこで見たって優れてるからピンポイントでこだわる必要、本当はないもんな。
最前じゃないと見たくないって、多分それ、今の私の中では作品としての価値が低いので、そう思ってない時点で高評価なんだろう。

希死念慮きっっっっっつい

自殺衝動とは別で、ただ「死にたい」と思う事がある人とない人が世の中にはいる。
わたしはばりばりばりばりにある人(ていうか人生で一度も「死にたい」って思った事ない人、わたしの中では逆に都市伝説なんだが)。
希死念慮がある人の「死にたさ」ってどういう風に襲ってくるんだろう。きっとそれぞれ違うじゃん。そういうのを知りたい。
わたしの場合は大小さまざまな「死にたい」字幕が脳みその中をヒュンヒュンと飛び交って、脳の中で考えてる言葉が全部「きつい」「つらい」「もうやめたい」「死にたい」になって、音として脳みその中に響いて、それしか考えられなくなってしまう。

こういう時は大体「今死ぬなら○○してから死のうっと!!!」と、自分が持っているそれなりの貯金の事を思い出すけれど、最近はそれも「もうどうでもいいや~!!なーんも考えたくね!!!」となる事が多いので、下手に希望を見いだす事もせずに猫を撫でたり寝る事にしている。
本当に、何も考えていたくない。起きているのがしんどい。起きてると「死にたい」としか思わない時間が午前中は何時間かある。午後は比較的元気。
15時台までの自分と、16時台からの自分、絶対に違う人間なんですが位考えてる事が違う。

一番死にたさのピークが凄い時間を過ぎ、少し気持ちが落ち着いてきて「じゃあなんで死にたいの?」「なにがきついの?」という事を自分に問いかけると、大概は「自分の求める自分でいられないのが嫌だ」みたいな所に落ち着く。
結局、自己肯定感が低いんじゃなくてt、自分の理想が高すぎるんだよなあ。
いっつもそう。いつだってう。

誰かの期待に応えたいのに、それに応えられないのがつらいと感じてしまうの、それはもう完全に鬱なんだよなあ!!!!!!
本来の自分よりも背伸びせずに生きていくのは、いつになったら出来るのだろう???

昔よりずいぶんとマシになってきたと思っていたけれど、最近なんだかまたヤバいので、コロナにかこつけて引きこもるに限る。
別にやるべき事はやっているし、納めるべき税金も納めているし、誰に文句を言われる筋合いも無いのでその点はそれなりに気楽かも。

ただでもやっぱり漠然と「死にたい」という感情があるんだよな~~~~。
折角減らしたはずの精神安定剤、先週からまた量が増えている。
認めて欲しいと思った人に認めてもらえないってのは、中々苦しいものだけど、承認を他者に求めてる時点でダメなんだろうな。
自分で自分を認めてやれって。

アイコンとしてのブログとナカノヒトの日記の違い

この日記をはじめてあれよあれよと1週間が経過したが、無理なく楽しく続いている。
話題が基本的にネガティブというか、自分の脳みそに引っかかった事のデフラグをしているので、TwitterのTLやはてなブログの元気なエントリからこっちに飛んできた人は温度差で風邪をひく作りになってる気がする。
はてブが躁、codocは鬱って感じ。

元々わたしは数十名の相互フォロワーしかいない鍵アカウントを持っていて、そのアカウントで交流している人達は長年の付き合いだから、わたしが何をして暮らしてるとか、何歳でどういう見た目をしてて、とかそういう事を大概知っていた。
安心でもあったし、集団の輪を乱すのが怖くて自分の言いたい事を言えなくなっているような気もしていた。

このアカウントを作った2014年、そもそもわたしは匿名性を重視していたし、わたしがどこの誰で普段何をしているかなんて関係なく、ただただわたしの感想とか、わたしの思想とか、そういう物だけをバーッとアウトプットしたくて、はてブTwitterを作った。
元々あった鍵アカウントは消して、顔も名前も知ってる友人たちとはLINEかメールで連絡を取るようになった。とても気楽だった。

最初の方はよかったのだけれど、結局リアルの実体とTwitterのアカウントが紐づくと、わたしが求めていた匿名性はガラガラと音を立てて崩れていくし、ありがたい事に自分の思想や感想を目にする人が増えれば増える程「かりんさん」というアイコンが一人歩きしてしまう。
これはもう、今のSNS社会ではどうにもならない事なんだろうなあ。

SNSに投稿される皆の見栄のフィルターがかかった虚構を誰かの現実だと思い込んで、皆が存在しないリアルを羨んで、無い物ねだりをしてる。
その現実は、本当に現実なのか???あなたが面白いと思ってるその人は本当にそういうキャラクターで寝起きから就寝までを過ごしているのか???
結局皆、お互いがお互いを縛り合ってるだけなんじゃないのか??????

……みたいな事を、色々考えてる内にダメだ!!!となったので、自分の思う事を色々勝手に言える場が欲しい!つーくろ!となった。のが先週の話な気がする。
単に先週はもう脳みそがパンクしていてなんでもいいから書き溜めて置ける場所を作りたくて、それをロジカルに説明出来るくらい整理出来たのが今日って感じかな。そうかも。

なんでこのやり方を取ったかと言うと、「かりんさん」のキャラクターが歩いているのと並行で並べておけて、けれど「かりんさん」のキャラクターが作品として生きている場所には混ぜたくなかった。
はてブでは日記を書きたくなかったし、けれどTwitterで「投稿したよ」とお知らせ出来るようにもしたかった。
当初noteを選んだのだが、結局noteに書こうとしていたものはそれでも背伸びをして作られたコンテンツの「かりんさん」のキャラクターだったから、全然筆が進まない。
誰かが求めるような何かを与えようとしている自分が気持ちわりーーー!!!と思った。
わたしは誰にがっかりされたくないんだろう、誰に残念がられたくないんだろう。
それ、気にしてどうなるんだろう。

そんな事も全部全部だだだだだっと書いて残して、嫌な人は見なきゃいいし、意外と賛同されるかもしれないし、両面見てオモロがられるでもいいし、なんでもいいからとにかく自分の気持ちに嘘をつかずに《今この瞬間思ってる事》をメモ出来る場所がないと、そろそろ脳みそも心も壊れてしまう気がした。
わたしはもう、誰かにがっかりされたとしても、自分の思う事を圧し殺さないで生きていきたい。
自分が話してる言葉が、相手が望んでるから言ってる事なのか、自分が本心から言ってる事なのかの区別をちゃんとつけて生きていかないとヤバい。

あと、わたしがSNSに求めてる事は《友達作り》ではなくて《自分の脳の整理》なので、その辺がもう今の大半のSNSを使ってる人と合わないんだと思う。
誰とも関わりたくない!という訳ではなくて、結果として仲良くなった人は沢山いるし、そういう人達と話すのも楽しいけれど、結局わたしは自分が自分の思考に溺れ死にそうな毎日を送っている。
のにも関わらず、他人の感情が物凄くよくわかってしまうので、関わる人数が増えれば増える程、わけがわからなくなってしまう。

自分の思考を整理したいから言葉を投げてるはずなのに、誰かの存在に気を取られて何も言えなくなるのであれば、いっそ孤独であった方がよっぽど楽だ。
とも思う。いや、寂しいからそれは嫌なんだけど。
なんだろうな、互いが互いにこれ位自己分析したものを「こうなんだよね~~」ってぶつけ合うとか、「今の自分の感情が解らないからちょっと話付き合ってくれない?」とか、そういう事はしたいんだけど、同情して欲しい訳でも、かわいそうがって欲しい訳でも、仲良しこよしがしたい訳でもない、みたいなそういう感じ。
あなたの思想の物差しで見た時に、わたしが今言ってる事ってどう思う?というのを、素直に聞かせて欲しい。ただそれだけ。
その答えが、自分とまるでまったく違う人と話したい時もあれば、似たような人としか話したくない時もある。ただそれだけ。
それが、なんで今こんなに難しいんだろう。おかしな話だよね。

とりあえずわたしは今日も気になった事をあれこれあれこれメモして、こうやってアウトプットして、今の所誰にも文句を言われてないし、ガッカリもされてない気がするし、まあされたところで続けるんだけど、多分皆《興味が無い》んだと思う。
いいよ、いい。それでいい。それがいい。
コンテンツとしての、キャラクターとしての、アイコンとしての「かりんさん」を生かすためにはどうやったってこの側面は必要で、だからそういうった感情や思想のアウトプットはするけれど、それに《興味が無い》人が増えれば増える程いいと思う。

わたしの全部、知らなくていい。知る必要なんてない。
でも、あなたが面白いと思う誰かには、あなたが興味がないと思う一面もあるって事を知ってもらうのは、きっととても大切だ。

2021年、しょっぱなからダウナーだなあと思っていたけれど、案外自分の生き方の正解に近づいてる気がする。
まだ20日しか経ってないのに、偉いじゃん!!!

ちなみに連日落ちまくってるからこういう話ばかりしてるけど、別に楽しくなったら楽しい話もします。
やりたい事は己との対話だから、頭がハッピーな時はとことん《なんでハッピーなのか》について考えるんだと思う。
今はそれなりに悲しいから、そういう事を考えてる。そういうターンなだけ。
他者からどう思われようが自分の感情から逃げないって事が、長生きの秘訣な気がするので。
こういう場をきちんと設けたら、オモロな自分が立ちたいステージ上の自分も、きっと今まで以上にイキイキ出来る気がするので。

同情はするけど、同意はしてないのよね

主に愚痴を聞くときの話。
「それは可哀相だったね」みたいな相槌の打ち方はするけど、「だからあなたは悪くないね」とは言ってない。
のに、大概の人は「この人は味方だ!」と勘違いするあれ、なんなんだろうね。
可哀相と思うかどうかと、正しいかどうかってまた別じゃない?
この辺また深く掘り下げよっと!!!

人の気持ちが最早”見える”

難儀だなあ。
心が読める訳ではないんだけど、ふとした仕草とか、視線の動き方とか、表情の移り変わりから、大体何考えてるかはわかる。
でもきっと、こういう事が出来る人の事を、出来ない人が「心を読める」と思ってるのかもしれない。
自分で便利だな~とも不便だな~とも思っていて、それなりに上手く活用して使っていってる力だからその辺りはあれなんだけど、最近目の前にいる人の思考が雪崩れ込んでくるようになったので結構これしんどいなと思った。

主に自分に何かを思ってる相手の感情や、集団での人間関係がモロにくる。
妄想だと言われたらそれまでなのだけど、集団の中でどの人とどの人がどれくらい信頼し合ってて、そことあそこは仲が悪くて、あの二人は今日は喧嘩してて、あの人はわたしに対して機嫌が悪い。
みたいな事が、人物相関図みたいに、舞台の設定みたいに、ワーッと頭の中に流れ込んできて視覚化されてしまう。
だから悩んでるように見えない人に「実はこういう事で悩んでない?大丈夫?」と聞くと「なんでわかったんですか!」となったりするから、有用っちゃ有用なんだけど、今まで以上に人混みがきつくてたまらん。

あと、本人が自覚ない感情にわたしが先に気がついちゃうとかもある。
本人よりも先にわたしが感情を言語化してしまうの、それなりに問題なのでは?
これらが妄想ならば話が早かったのだけれど、めちゃくちゃ高い解像度で世界が見え始めてしまっているだけらしいので。そしてそれらを言語化する能力を偶然わたしが持ち合わせてるだけらしいので。

でも、わたしは誰かのカウンセリングをすべきだし、わたしもカウンセリングを受けるべきだなとは思ってる。
だってわたしが話を聞いた人、めちゃくちゃ楽そうだもん。わたしが有益になるならば、それはどんどん活用すべきだ。
だからわたしはタロット占いの勉強をはじめたし、なんかぼそぼそやってたりするし、けど商売にするにはムラがありすぎる。
どうしたらいいんだろうな、何かもうちょっと考えたい。
他人には見えないけれど自分に見えるものを伝えるだけで、他人が楽になるならば、活用しない手はないんだけど。

何故か物理の目は見えなくなる一方なのに、人の気持ちだけがどんどんハッキリくっきりと見えてくるの、気持ち悪いし面白い。
でも多分、これが今自分がしんどいきついと感じてる原因の一番のそれだから、うまくコントロールしたり付き合っていく方法を探らないとまずいんだと思う。
のでもうちょっと自分と向き合っていきたいよね。

セブンイレブンピエール・エルメのコラボスイーツ

めっっっっっっっっちゃうまいのね。321円でこのクオリティはすごい。
昨日、ショコラオランジェとエクレアと両方買ってきて、両方食べてしまったんだけど、今日再び両方買って来た。
エクレア、常に冷蔵庫に入れておいて三食食べたいくらい美味しい。最高。
冬はチョコレートがうまい!!

あっ、スタバに行かないと。


という訳で今日もそれなりに元気です。


-------------

Twitter @ka_ri_ng
はてなブログ https://ka-ri-ng.hateblo.jp/
壷屋さん https://karing.base.ec
マシュマロ https://marshmallow-qa.com/ka_ri_ng
※返信はTwitterにて