今日の思想

日々の思想備忘録

2021年9月25日(土)の思想

目次


2回目のふろはろ

1回目直後の感想
ka-ri-ng.hateblo.jp

その先のツイートまとめ
togetter.com

からの、今日。

「これは若手俳優舞台だ!!!!!!!!」と思って観ていたら死ぬほど楽しかったし、2幕でめちゃくちゃ泣いた。
私は多分圧倒的に宮城王さまの演技プランの方が相性がいい。
宮城王さま×汰斗なかよくの演技バランスがとてもよくて、自分の好みぴったりでいちいち泣いた。

改めて思った事、またディレイ配信観ながらいろいろ整理出来たらいいな~と思うけど、1幕における既存MGPパートが私にとっては余分というか、横道にそれちゃう要素なんだろうな。
2幕のMGPパート(女王が出てくる所以降)はストーリーにマッチしてるんだけど、みんなようこそ~~~のくだりとスリーハーツのくだりとピューロマーチと、なんならかわふぇすの箇所がミスマッチだ。
そこの演出というかアプローチをがつっと変えたらもうちょっと全体のバランスが良かったんじゃないのかな~と。

それにつけても1幕終わりの不協和音2重奏がどこまでもテニミュの1幕終わりで本当に面白かった。
大人達が全力でやれる事をやって遊んでるあの感じ、本当にたまらない。
なんだろう、やっぱネルケ寄りの気持ちで観るとめちゃくちゃ楽しかったな(???)。

「3人の大石で夢をつなぐパート」と言っていた2幕の例のくだり、今日のキャストだとズコーーーッ!!!ってならなくて、あ、これキャストの組み合わせで相当印象変わるな!?とはなった。
汰斗も田鶴くんもそれなりに歌が上手かった(若手俳優の中ではの話ではあるが)。
あと、タイトハシモトのダンスがめちゃくちゃ上手すぎて突然ステージ上のクオリティレベルが爆上がりして、それこそ若手俳優と女王ばっかり観てたら色んな事が気にならなくなった感はある。
どのキャストで、どういう視点で観るかで圧倒的に印象が変わるの、すげー面白い。

その為にも1週間かけて「どうやって観たらこの作品を一番楽しめるんだろう?」という事を色々考えて、そういう気持ちで視点を切り替えて今日再び別キャストで観れた事はとってもよかった。
この作品やっぱりとっても面白くて、だからこそ気になる所がもったいねえ~~~!!となる気持ちもあるし、ピューロが好きな身として「いやいやいや」となる所もあるから、ステアラでやってくれたから面白かったけど、メルヘン規模できちんとこの戯曲だけで魅せて欲しい箇所も沢山あるよなあと改めて感じた。

今日お誘いして一緒に来てくれた2人も「かりんさんが面白いって言ってた部分はめっちゃわかるし、MGP知ってて違和感を覚える所もめっちゃわかる」と言ってくれてたのでヨカッタ~~~!!となっていた。
本作、テニミュが好きな人や若手俳優舞台が好きな人はめちゃくちゃ楽しい。とても楽しい。
こうなったらディレイで色んなキャスト観ようぜ~~~となってるので後藤王さまも観れたらいいなあ(副反応で死ななければの顔)。

ただ、2幕最後の王さまとキティさんが手を繋いで歩いていくところ、その手前の芝居で心底泣いていたのにやっぱりフェアリーズが何もない黒い場所でピヨピヨしてるのは面白くて涙がどっかに引っ込んでしまったので、もうあそこ回さなくてよかったのでは……?というかもうちょっとなんかあった気がしなくもないけどまあいいか、みやこの芝居が本当によかった、よかったね~~という感じ。

ツイートもしたけど、高崎王さまはサンリオとか辻さんのパブリックイメージ!という感じで、いわゆる王道で一番観やすい物語の主人公気質だよなと。
一方私は行間!とか二次創作!みたいな芝居が好きなので、みやこのあの巨大感情!!!!!!!ぐおおお!!!!!!みたいな繊細な芝居が刺さりすぎて辛かった。
高崎王さまは余りにも強くて眩しかったけど、みやこ王さまは余りにも弱くて儚かった。

それに対して汰斗なかよくが余りにも強かったから、ここのパワーバランスがものすごくツボだったんだろうなと。
汰斗なかよくがこうもりの首を足でねじ切ってるシーン(ていうかマジでなんでここハーツは肉弾戦なの????????)が怖すぎてチビるかと思った。
そんな汰斗ぱいせん、ダンスがダンチで上手すぎて観てて頭がおかしくなった。
最後のレビューも汰斗のダンス観てたら楽曲のつなぎとかダンサー達があんまりアレとかそういうのどうでもよくなっちゃったとこあるというか、それどこじゃなかったし。

別に橋本汰斗のおたくをしてた経歴は一度もないんだけど、やっぱり物凄く目を惹いたし、今日は若手俳優を観るので忙しくしてたらあっという間に終わっちゃったから沢山の視点を持つ事は大事だなあと思った。
だからやっぱり私は色んなキャストで観たいし、何回も観たいしって感じて行動に移すんだろうな~~~。
演劇ってやっぱオモレーや!!!!!!!!!

そもそも今日の配役が一番観たい組み合わせで、この日に行こう!としてたのを私がフライングして18日に行ったのがはじまりだったのだけど(?)(そして増した)、結果として18日に観ておいてよかったし、その上で増やした結果、後藤くん以外の全キャストを上手い事観れたから本当に良かった。
配信で観るのも勿論いいんだけど、やっぱり現地で肌で感じないと解らないものも沢山あるからな~~~~!!!
9月の予定大分変わっちゃって、その分行けてない場所も増えたけどこの選択をしてよかったなー!!!!


※感想だけ読みたい方は以下は読まなくて大丈夫です。思考の整理なので。

“信じる”という事


いや、それにしても今の自分のメンタリティでMGP後半パートを観るのは相当しんどかった。
キティさんが何度も繰り返し「信じて」って言うその言葉を耳にするのもしんどくて、途中からなんで泣いてるのかもうよくわからなくなっていた。
この間観た時はお手紙のおふれが出た直後で自分の頭もフワフワしてたし、まだ怒りのフェーズにいた時だったけど、≪何が辛いのか≫が見えてきた今、キティさんに信じてもらえて救われていた自分が、キティさんのいる場所に信じてもらえなくなってしまった事がキツすぎて、もうキティさんも私の事を信じてくれないんじゃないのかな、みたいな気持ちになっちゃって、色んな事がぐじゃぐじゃになってしまった。

これだけ≪贈り物≫とか≪信じる≫って事を伝え続けている会社だからこそ子供のころからそばにいて大好きだったし、今回こうして普段ピューロに関わってない人達が新しく脚本や演出をしていてもそのメッセージはどこまでも色濃く出ている。
何故ならサンリオにとって一番大切な事が、そこだから。

なのに、サンリオ直下の会社であるサンリオエンターテイメントが運営するピューロランドが”贈り物”に対して信用をなくしてしまって、人と気持ちを繋げられなくなってしまう決断を下してしまった事自体が私はどうしてもやっぱり納得がいかないというか、「あ、ここってもうサンリオとは別会社なんだ」と思わざるを得なくなってしまったというか、そうやって切り離さないとサンリオを愛してる自分まで傷ついてしまうから、それとこれで線引きしないとやってけないのは解るんだけど。
でもピューロってサンリオのテーマパークじゃん!!!!!!!!なんで!!!!!ってやっぱり叫びたくなっちゃうし、でも割り切らないとだし、うーんうーーーーん!!!!!みたいな気持ちがすっげーある。

サンリオが好きだからピューロで働いてる人がほとんどだと思ってたのに、今回のこの件に関してわりと困ってない人達というか、ピンと来てない人達がいる事も私の中では衝撃で「あ、なるほど、同じものを好きな訳じゃなかったんだ」とか「同じものを信仰して大切にしてるんじゃなかったんだ」みたいな事が解っちゃって、それが悪いって事ではないんだけど、ただ辛くて、ぐええええとなり続けている。

そんな事言ったって自分と人の気持ちは別だし、単一の思考になんてなれやしないんだけど。
でも、人と人とは贈り物で繋がり合って、思いを伝えあって、お互い信じていたら心に素敵な虹がかかるよって教えてくれたのがサンリオだったから、そういう虹の下でひとつになれてたつもりでいたから、キチ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!となってるのは確かであった。
これ、常連側に対してもだけど、やっぱり働いてる人達は皆そういうものを信仰してるんだと思い込んでたから、本当にショックなんだと思う。

けど、自分と違う思考の人間を否定しても何も始まらなくて、でも受け入れるにはまだ自分の心がボロボロだから、今はもう自分と同じ気持ちでいる人と話す事でしか自分が救われないから、そうしていくしかないし、こうやって何度も何度もまとまらない気持ちを文章にしていくしかない。
「もう大丈夫」って何度言っても、大丈夫な人間はそんな事言わねーーーんだから、全然大丈夫じゃないんですよね!!!!!!

本当に、一旦ピューロの記憶を抹消して生きてかないと私が洞窟の中にこもってしまいそうだ………。
そしてキティさんはどうせ永遠に来てくれないに違いないみたいなとこに落ちて行ってしまう夢の無さをピューロ側が突き付けた事、やっぱりどうしたって納得いかないんだろうなあ。


こっから下が


先に朝下書きした奴。
重い話を後に持ってくるのだ!!!!ロコちゃん!!!!!
もう十分重い話なのだ!!!!!!ロコちゃん!!!!!

クリスマスかあ

ピューロクリスマスは嫌だな~と一生話していたが、ピューロクリスマスの脚本家が明らかにリハを始めた告知ツイート(匂わせツイートとも言う)をしてくれていた。
ピューロのHPには載ってないけど、早めの情報解禁サンキュー!!!(^_-)

ライブエンターテイナーは所属してる事さえSNSに書けないのに 、脚本家様はリハがいつからスタートしたかまで言っていいんか!すげえな!!と思ったけど、だからこの人が苦手なんだわ~!みたいな気持ちになった。
とはいえ思想が相容れない人を悪にしない、苦手なのは私の問題!!!だから悪いとは思わないけどやっぱ苦手!!!!!

現状において、ハッピーギフトクリスマスみたいなショーを与えられても多分もう自分の感情が乖離しちゃうから、逆によかったのかなーと感じてる。
ストーリーにまったく共感出来ないし、何にも感情移入出来ないからこそ演者の事だけを考えて観れるし、告知もどうせ来月入ってバタつくだろうから「やるんだな」って思えてたらそれでいいし。
とりあえず全チーム1回は必ず観に行こう、と決めたけど、あとはどうするかチケ発までに考えよう……おうおう……。

この状況に対して全然夢がないし、ワクワクもしないけど、そういうショーを作って、そういうSNSの稼働をしてる人を選んで雇用してるのはピューロ側だし、もう私に何か言えることではないなあ~と急に昨夜気持ちが冷めてしまったというか、冷えきってしまったというか、どうでもよくなった。

手紙の話しかり、この話しかり、私はとことん相容れないし、私がピューロに求めてるポリシーとはまるでまったく異なるけれど、誰かがこうした方がよいと思ってそうしてるなら、私よりもその人の方が立場が上なんだし、もうそれでいいんじゃね???
いちいち怒ってても仕方がないし、ここまで露骨に自分が見てて信じていた世界観と異なるハンドルの切り方をされたら、それにいちいち嘆いたり腹を立てていても人生の時間の無駄だし。

他人は変えられないけど変わっていくものだから、だとしたら自分も変わっていかないと。


朝のメモ


今後の自分とピューロの向き合いかたに関して、急にフッッッと気持ちが落ち着いてしまったからガガガとツイートをしたのでメモをしておく。

この間も似たような事をツイートしたけど、自分が好きだったものが、今はそうではなくなったり興味がなくなったとしても、自分の"好き"はなくならないし、好きだった時間は嘘じゃないし、ただ好きなものも自分も変わっていく中でそこが噛み合わなくなっちゃったから離れるか~みたいな感じなんだよな。

「変わっちゃったから嫌いになった」っていうのは物凄く被害者意識の強い発言で、変わったのは確かかもしれないけど世の中に変わらないものなんてないから、"同じ方向に変われなかった自分"が間違いなく存在して、でもそちらに合わせてまで変わる気がないなら結局それはそこまでだよなあと。

"方向性の違いで解散"って物凄く言い得て妙だよなと思う。わたしは今のピューロ(を運営する会社・上層部)に対してこれ以上相容れないから「まあもうどうでもいいや」って昨日一個プツンとなって、でも別に向こうからしてもこちらがターゲット層じゃないから蔑ろにされるのは当然だし。

今までは「前みたいなピューロに戻るかも」って思ってたけど、ハッキリと「もう無理、それは夢だったんだ」って理解したから、ただその現実を認めて受け止めたら物凄くしんどいけど心はこれ以上傷付かなくなるし、誰の事も責めたり文句を言わなくてよくなったのは本当に気持ちが楽だ。

わたしはもう会社に悪態をつきながらピューロに通う事の方が辛いから、だったら自分が離れるしかねえし、でも「自分が思い描いてた方に一緒に変わりたかったな」ってワガママもあるからそこに物凄く傷付いてもいる。ポリシーが好きで惹かれた場所だから、芯が変わってしまうってのはとても大きいし。

ただ最後まで悪態をついたり「嫌いだよバーカ!もう知らない!」って言うなら「夢見せてくれて、今まで楽しませてくれてありがとう、これからは離れて応援してます」でいいし、それが自分の過去も、愛したものも否定しない一番の方法だよなあと。誰も間違ってない、ただ皆がそれぞれ変わっただけ。

ただ今回の話で一番大きいのは、演者の皆(全員が全員じゃないだろうけど)はある程度自分と同じ感覚で捉えてる所感だし、その人達の表現するものに罪はなくて観ていたいから、今すぐ急に「もう行かない!」とはならないけど《パークに遊びに行く》んじゃなくて《人を観に行く》にシフトしてきたい。

元々相当そういう部分があったけど、それでもパークそのものに乗っかって遊んでるのは楽しかったからやめてなくて、でももう一生懸命参加してもこっちの食う割がデカすぎ!いいや!となったから、演者のために行って演者を観て後の事は考えないようにしたら自分の考え方もまた変わるだろうし。

その結果完全に飽きたり「金払って遊びにいく意味ないかも」となっちゃったらそれはその時にもっと距離を取ったらいいし、今は今の自分の指針が見えたから、その先の事を深く考えずに一旦今はそうしよ~~~って感じだな。

一部の演者とゲスト同士で今でも同じ夢を共有出来てるのがめちゃくちゃ素敵なんだけど、もうきっと今にそぐわないんだよね。
だから「一緒に頑張ろうよ」じゃなくて「皆で現実認めよう、今までは無くならないから」ってするフェーズにとっくのとうに来てしまってたんだなあと昨夜ふと気が付いたら、なんだかもうただただとやるせなかったけど「別にそれって抜け駆けでも裏切りでもない、自分達が愛した世界を守るために自分を守らないと、そのためには自分が変わらないと」ともなれたから、その辺はわたしも今年だからこそ出せた結論だと思う。

だから徐々にフェードアウトしてくだろうけど、今すぐ「もう全部いいや!知らない!」となるほど情がない訳でもないから、それこそ今期のスケジュール解ってチケット買える間は心持ちだけ変えた上でその後どうするかはそん時考えよ~~~~!!今期の布陣好きだから見ときたいし!!


「今期はしっかりやりたい」って言うの、多分1年間ガッツで常連をやったって実績を自分の中で作って悔いを残さないための己への呪いであり儀式だなとも思ってるから、そう考えると12月で1年経つからそこめがけて限界来てるのかも、とは昨日なんとなく思ったりもした。

でもやっぱこんなにいい布陣で事前にスケジュール解ってチケット買えるなら、今期は最後まで見届けたいし、21年度卒になるかー!!!!!!って気持ち(?)

16年度で一度卒業して2019年度(18年度途中ともいう)に出戻りしてるから、正しく卒業しどきなのかもしれん。ゼロにはしないけど少なくとも日常ルーティーンに組み込む事はやめないと心がイカれるだろうし、でも来年5月の時点で何かが大きく変わって「通いたい!」となってたらそれはそれという事で。

とにかく先の事はなんもわからんし、自分の今だけ見つめたら《辛いから離れたい》としかならなかったので、心持ちとしてそうしてこー!!過去は過去!今は今!未来は未来!となれたので、侘しいけれど気持ちはスッキリしたや。

《同じ夢を見られなくなった事を認めて現実を受け入れる》って中々大変で、でも憎みたくないから受け入れるしかねーのよ、人の気持ちは変えらんないから、自分が変わるしかないのだ

ちなみになんでこんなにダラダラツイートしたかと言うと、今自分は相当限界のところにいるからここでバシッと線を引かないと演者達の事もも丸ごとまとめて「どうでもいいや」になっちゃいそうだったから、自分に「それとこれは別だよ」ってしっかり言い聞かせたとこはある。

9月は色々気持ちを整理する月らしいから、このタイミングで現状の着地点が見つかったのはいいことなのかもしれない。
何よりこれ以上SNSで悪態をつき続けたくないから今までの流れをここで断ち切るのだ。後は誰かと直接話せばいいやーーー。

引き際を見誤って過去にしがみついて未練タラタラ悪態つき続ける人間になるのだけは絶対に避けたいから、いつでも自分の事を客観し出来てるか確認しながら生きていこうな…………今の自分、ハタから見たら結構しんどい状況なので………….。


全力の自己暗示

ある程度「それは違うじゃん」って同じ美学の者同士で語り合って助け合う事は大切なんだけど、もうここまで来ちゃったらNot for meされちゃってるのは自分だって自覚をいい加減持たないとならない。その現実を認めて受け入れないとならない。
自分は自分で自分の道を先に進んでいかないとならない。
勇気がいる事だけど、覚悟がいる事だけど、自分が大切にしてた"今まで"や"仲間"を守るためには必要な行動だから。

何より、自分が受け入れられていないものに救われている層だっている。
そういう人達のためにも、自分自身のポリシーのためにも、これ以上否定をし続ける形で何かに向き合いたくはない。
否定をするなら距離を取れ、そうじゃないなら文句を言うな。

じゃないと、どんどん自分が醜くなっていってしまうから。
変わって行くものについていけていないのも、認められていないのも自分なのだから、自分は自分の居心地がいい所に移ればいい。
サンリオエンターテイメントも、ピューロランドも、別に私のための場所ではないのだから。
サンリオの場所であって欲しかったなあとはどうしても思ってしまうけど、現実がそうじゃないなら受け入れないとならない。

現実を見て自分を変えて生きていけば、何も呪わずに幸せにすごしていけるから、まあボチボチそうします。
これ、私がもし社員とかでこの会社に勤めてたとしても辞表出してただろうな~~。

企業ポリシーとか、キティさん達がショーで語る言葉が好きでこの場所に惹かれて、側にいた。
キティさんが私の事を信じてくれていた事で救われていたからこの場所に固執していたけれど、その場所がもうこちらを信じてくれなくなってしまった。

(事情があるとはいえ)会社が選んで行動してしまったのであれば、それはもうどんなに訴えたって喚いたって罵倒したって今はどうにもならない。
時が巡りめぐってまたそういう風にカチッとハマる日が来るかもしれないけど、今はその時じゃないから深追いしても仕方がない。

自己を肯定するために、ついつい他を否定してしまいがちになっていたから、もうその負のループを断ち切りたい。
私は誰の事もなんの事も否定したくないから、否定をしてしまうと自分の心がどんどんすり減っていってしまう。
だから、否定してしまうようなものとは自分で距離を取らないとならない。

今ここにこうしてブツブツ書いてるけど、今日の日記を書ききったら、せめて自分の発信の中でネガティブな事の比率が上回るのは意識して避けるようにしたい。じゃないと私の人生が勿体ない。
楽しい事に目を向けて、楽しい気持ちを共感して、楽しい事を発信していけるようにじょじょに戻っていきたいな。

明日HNWを観たら、一旦きちんと距離開けて、自分の中で色々考えて、悪態つかずに、めそめそ言わずにいられるようになったらいいなと思う。

とりあえず、ピューロの事はもうわけわからんからアレだけど、私がサンリオを好きな事実は変わらないし揺るがないというのは今日きちんと思い出せたから、サンリオの事まとめて地雷にならなくてよかったや~~~と思っている。
「たかがそれだけの事で」って思う人も沢山いるんだろうけど、たかがそれだけの事に救われて生かされてる人間からしたら、親殺されるよりもしんどいような事だって世の中にはたくさんあるんだよっていう、その辛さや悲しみを、推し測れないから歩み寄ったりする訳で、そのコミュニケーションの大切さを教えてくれたのがサンリオだったから、私はこれからもその教えは大切にして生きていきたい。


-------------

Twitter @ka_ri_ng
はてなブログ https://ka-ri-ng.hateblo.jp/
壷屋さん https://karing.base.ec
マシュマロ https://marshmallow-qa.com/ka_ri_ng
※返信はTwitterにて