今日の思想

日々の思想備忘録

2021年9月27日(月)の思想

目次


ワクチン2回目1日目

という訳で今日からの鬼滅のかりんはわくわくワクチン編です!(?)
1回目で卒倒した前科があるので横になって打ってもらったところ、無事に倒れることはなく(元から倒れてるからね)PUI PUIとタクシーで華麗なる帰宅を遂げた。
横になっているとぴんぴんしているのに起き上がったらやっぱりぐわんと気持ちが悪くなってしまったので、自宅の前まで運んでくれるタクシーという乗り物は便利だなあと感じた。

こういう時に車を運転出来る家族や恋人がいたら素敵なのかしらと思ったけれど、金を払えば赤の他人の運転手でも家まで運んでくれるのだからなんでもいい気がしてきた。
東京都は車社会じゃないからな…………。

帰宅してまだ熱はなしだが右腕痛し。
そして起き上がるとやっぱりぼんやりするから横になってごろごろして本を読んだりスマホをいじったりしている。
頭は妙に冴えているから、こうして日記の文章を打っているのが大変居心地がよいのだが、明日以降そんな余裕もなくなるかと思ったら今の内に自分の思考を整理しておかないと!!!みたいな気持ちになっている。
頭痛がすると思考が終わるからな…………。

誰かを"育てる"ということ

凄い、いきなりどうした!?という話題が出てきた。
連日ピューロやらサンリオやらの話しかしていなかったから突然そうじゃない話をしだしたら温度差で風邪を引きそうだ。

自分自身の結婚観については過去の日記でも触れて来てはいたのだけれど。
ka-ri-ng2.hateblo.jp


ここにも書いてあるけれど、己自身で出産をして自らのDNAを残すという事にまるでまったく関心がない。
血の繋がりよりも、思想や価値観の継承や心の繋がりに重きをおいているのだと思う。

仮にいつか誰かと結婚ないしそれに近い関係を持ったとして、子供が欲しいと思ったら…………というか《子供が欲しい》って表現もなに?となってしまい、自分の中の表現で言うと《己の思想を継承させたい次世代を育成したい》と思い立ったら、養子を取ればいいと思っている。
これは別に独身でも出来る事なのだけれど、経済的な面から現実的ではないかなあと。

私は、私自身の思想や考え方には一定の価値があると思っているが、私自身の生物としてのDNAに価値があるとは思っておらず、どちらかというとこの弱い個体のDNAは後世に残さない方がいいのでは?みたいな本能が働いているのかもしれない。
出産という行為に対して、リスクはあれどリターンが思い浮かばない(これはあくまでも私自身として)。

しかし、己の思想をここで絶やしてしまうのはなんだかとても悔しく、この考え方とか価値観は何らかで残していきたいな~という願望自体は常々あって、でもそれって極論幼子を育てなくても出来る事ではあるしなあ、みたいな事を定期的に考えてしまう。

"育成"とか"継承"には興味があるのだけれど、"出生"に興味がないんだろうけど、同世代の友達に子供が生まれたり、結婚したから子供が欲しいんだ~みたいな事を言われても「へえー(自我を持ち始めるまでの世話がめんどくさくない?)」みたいな事を考えてしまってまったく共感出来かねるので、私自身が子供でいたーい!ずっとトイザらスキッズ!なのかもしれない。


そして自分の思想を後世へと継承したいとどれだけ願って行動し、自分が存命している間に結果が伴ったとしても、結局己亡き後のそれらってどんどんと移り変わっていって、いずれ自分の信念に反する形へと成り代わっていってしまうと思う。
二代目になったらこの会社変わっちゃったよね~とかそう言う奴。
そらそうだ、どんなに育成をしたところで私じゃない人間は私と同じ思想にはなりきれない。

だとすると完全なものというのはやはり教育や指導というバトンを託す事ではなく、"作品"という完成されたものの提示なのかなあ?とも考えていて、いやだからやっぱり自分の人生を一冊の戯曲にまとめたいんだよな。

でも自分が死んだら自分は執筆出来ないし、自分が死ぬ時の事を存命中に綴ってもフィクションになってしまう。
するとなんだろう、起承転結の転の部分まで……というよりもっと最後の最後、終わりの間際までは己で執筆をしておき、誰か一人物凄く信頼出来る人間に自分の思想や哲学を継承し、エピローグだけ執筆してもらえばいいのだろうか。

けれどその人間が本当に自分が信頼出来る幕引きの戯曲を書いてくれるのだろうか……独自の解釈に基づいてしまわないだろうか…………みたいな、起きてもいない事象の心配をしていて結局上手い答えが出なかった。

自分の事を正しく記録して後世に伝えたいけれど、湾曲解釈をされる可能性が残るくらいなら誰にも知られない方がマシだ!!みたいな所もあるので、何かいいアイディアをご存じの方がいらっしゃいましたらご一報ください(?)。

騙される事と騙す技量を称える事

そう言う話を昨夜からしていて「そうなんだよな~」となったのでメモ。
ちなみに、ここで記載している"騙す"とは悪い意味ではなくポジティブな意味で使う。

それこそ五朗さんがいつぞや「舞台上って唯一嘘をついて許されるところだから」みたいな事を言ってたのがとても好きで、虚構を作り上げて、フィクションをさも現実かのように"騙す"からエンターテイメントは楽しいものだと思っている。

それが昨今は謎に現実主義というか"騙されるのはダサい"みたいな風潮があって粋じゃないなあと思う。
いや、だって騙されるの楽しくない?????
私は"騙す"という行為に物凄く興味があるし、可能であれば全力で乗っかりたい。

ただそれに伴って、日々、己がエンターテイメントに対峙する際に注視するのが《どうやって騙しているのか》《どれだけ優秀に騙しているのか》みたいな事である。
そしてそれを注視して評価してる結果、純粋に"騙されている"層のノイズになっている自覚もあるし、騙されているダサい派と何が違うねんと言われると紙一重なとこがあるのでめちゃくちゃ難しい。

が、私の主張としてはあくまでも"騙されるのは美徳"という前提の元、自分がより一層騙されるためには?と研究している部分もあるし、自分を騙してくれている相手に感謝したい部分もあるし、騙しの巧妙さに「凄いね!」と伝えたい部分もあるし、つきつめると自分も騙す側に回りたいんだろうなあと思う。
私は明らかに騙される側に向いていない。

今日のまとめ

前述の項も合わせて思ったけれど、もう己の美学に近い人間を集めて劇団でも立ち上げたらいいのではなかろうか???
営利目的ではない、どこまでも信念と美学を発表するだけの劇団で演劇を作ったらいいんだよな。
人様の会社にあーだこーだ言ってたってマジで何にもならないし、だったら自分が一緒に円陣組めるような人達とひたすらに美学の追求のためだけに作品を作れば、何か納得が出来る気がする。

とはいえ時は2021年も残り3ヶ月で終わろうってタイミングに、自分等の持ち出しで劇団やろうぜ~っつって集まる人間、いなさそう~~!!!!
世の中が明らかに利益主義になってるからな…………私もお金が好きなので否定はしませんが…………。

なんかでもそう言う方向な気がしてきたなあ。
劇団じゃなくても一時創作の同人誌とかその他の媒体とか、創作活動をする事に舵を取って、かつ一人ではなく集団で作り上げる事をやれるような機会を、低スパンでいいからゆくゆくは出来るようになりたいな。
その為に何からはじめてどうするのか、みたいな事をちょっとずつ考えるかあ!!!!!

色んな人と色んな事やりたいなー!!!!
簡単な事からでもいいから、楽しいことを一緒にやっていきたいですね!?


人生の方向性が見えてきた気がする。
与えられるのを待っていたら絶望するだけだから、希望はいつだって自分で見つけ出さないと。
というより、己自身が希望になればいいのだ。



-------------

Twitter @ka_ri_ng
はてなブログ https://ka-ri-ng.hateblo.jp/
壷屋さん https://karing.base.ec
マシュマロ https://marshmallow-qa.com/ka_ri_ng
※返信はTwitterにて