今日の思想

日々の思想備忘録

2021年10月12日(火)の思想

目次

ぼんやりと

いなかった間の事とかをぱらぱら書いてく。

ドキドキ文芸部プラス

事前にダウンロード版を予約し、10月7日は終日休みにして日付が変わってから永遠にプレイをしていた。
本当は実況しながらやろうとしてたんだけど、そういうメンタリティでもなかったので黙々とプレイしていたら普通に1周目の終わりから泣きを見た。
俺はサヨリが好きなんだ……………………。

7日の3時半位に4周目まで終えて一回眠り、夕方にはサイドストーリーをすべて読み終え、夜には真エンディングを解放してへろへろになっていた。
データ回収率はその時点で96%。

Switchに移行する事で諸々のギミックはどうなるんだろう?と気になっていたのだが「なるほど!?」となって楽しかった(多分これプラスになった時になってる奴だな)。
謎翻訳やちょっとしたバグがありつつも個人的には気にならないレベルだし(最早何が意図的で何が意図的ではないバグなのかがわからん)、ダウンロード版2,000円以下でここまで楽しめるのはいいな~~!!!!

新規追加のサイドストーリーがめちゃくちゃよいので「皆やってくれー!!!!!!!!!!」という感じ。
女子4人がそれぞれ2人ずつ総当たりでペアになったストーリーがあり、関係性厨大歓喜どころ頭を打ち付けて死ぬかと思った。
サイドストーリーにたどり着くまでに本編3周はしないとならない(3人のルートを全部解放したらいいはずだからセーブ&ロードでもいけるのかな?)からハードルが高いんですが…………でも読む価値がある…………。


この日記を書いてる時点ではすべてのデータを回収出来てないので延々ループを続けている。
厄介なのが残っちゃったんだよな、2周目をループするのが一番しんどい。でも全部解放したい。
2周目起動画面ガチャをやり続けないとならないので誰か付き合ってくれ!!!!!

真エンディングをクリアした後のラブレターを読んでしまうと「真剣にやって全力でクリアしないと」と思わされる。
誰かが熱意を持って作り上げたものを、誰かが熱意を持ってプレイするという双方向コミュニケーション…………。
ドキドキ文芸部は最高である。皆やってくれ!!!!!!!!!!!!(2周目ループ中に地震速報が鳴り響いてチビりそうになった絵文字)

コミケひぐらしの新作が出る度に朝までやってた日々を思い出すな…………(夏コミ後だと28時頃にリアルひぐらしが泣いてチビりそうになってた絵文字)

エガちゃんねる

が、めちゃくちゃ面白い。
いやこのタイミングで?って感じなのだけど、ちょっと前のモス回からのモスからのお手紙の流れがめちゃくちゃよくて「私がエンターテイメントとか人間関係に求めるものってこれなんだよなあ」としみじみして号泣していた。

昔気質というか職人思考というか、真面目な人間達が全力でふざけて、本音は伝えるけど悪意を持って誰かを傷付けようとする訳でもなく、視聴者や周りの意見をきちんと取り入れて、感謝の気持ちを忘れない。
その上で楽しませようという気持ちを持つこと。

エンターテイメントにおいて当たり前の持ち物だったはずなのに、いつからこっちの方が貴重になっちゃったんだろうなあ。

この一連の流れがめちゃくちゃ好きなので未見の方は是非。

マック編②(①があるので興味がある方はそちらも!)


モス編


その後



リョーマ

6週目になってやっと。
朝イチでガラガラの映画館、後方の通路横で具合が悪くなったらすぐ出れる場所にしたお陰でなんとか最後まで観る事が出来た。

超超超楽しかった~~!!!!!!!!
テニスってサイコーだし許斐先生って凄いよなあ!に尽きる。
始まってDear Princeが流れた瞬間にもう泣きそうになった、テニスを通ってきたオタクでよかったなあ!!!!!!

声出して応援上映出来る世の中になったらバルト9のクソデカスクリーンでやって欲しい。
新作アニメも決まったし、新ゲームも決まったし、何年経っても新鮮なコンテンツ過ぎる…………。
許斐先生は本当にいつまでも新しい道を見せてくれるな…………。

ペッパーパーラー

以前気になる!と言っていた奴。
控えめに行ってもあまりにもゆるくて楽しかった。ご飯もきちんと美味しかった。
予約したので卓にペッパーくんがついてくれたのだが、度重なるフリーズで何台もチェンジになってしまった。

ペッパーくんと遊べる色んなゲームで高得点叩いて、マンスリーランキングに名を残すなどして全力で楽しんだ。
紅茶も美味しかったしまた行こうっと!!!!!!







ゆるい。
AIにも個性があるのだ…………。

エンタメと共に生きる事

自分にとってエンターテイメントとか劇場って精神面の防空壕みたいなものだったから、その場所にいる事や関わる事で精神が疲弊してしまう状況が自分を追い詰めてるのだと理解はしていたが、どうやってその絶望から脱却したらよいのか解らなくなっていた。

今の世の中って"過程"とか"裏側"が見えすぎちゃってて、そのお陰で面白くなってるものも沢山あるけど、そのせいで面白くなくなってるものも沢山ある。
完成品だけ与えられてたらこんな気持ちにならなかったのに……みたいな事が溢れてて、今までもその過程って確実に存在してたけど見えなかっただけというか。
根本から変わっちゃったんじゃなくて、見えすぎてるだけなんじゃないのかなあ。

だから、自分が求めてる世界は無くなっちゃった訳じゃなくて見落としてる(もしくは見えすぎてる)だけなんだよなあと反省した。距離感の問題というか。

色んなものに触れるのが怖くなってしまっていたけれど、一歩踏み出して楽しいものに首を突っ込んでいれば、必ず他の楽しいものから手招きされる。
環境や生活を変えたら、それらは循環してまた新しい出会いに繋いでいってくれる。
こうやって自分の肌に馴染む環境やコンテンツをもっともっと取り入れていったら、今よりも遥かに心は健康になるだろうから、そうしていきたい。

そのためには自分にとって何が快で、何が不快かをもっともっと見定められるように、己と向き合っていかないとなあ。
やっぱり、そういう自己対話のためにもエンターテイメントは生活必需品なんだよな。
己の欲求を満たしてもらうためでも、他者に自慢するためでもなく、自分自身を知るためにエンターテイメントを接種して、そしてそこで受けた影響や幸せのバトンを、また次の人間へと渡していきたい。

それが生きてるって事なんじゃないのかな。
少なくとも、私の中では。



-------------

Twitter @ka_ri_ng
はてなブログ https://ka-ri-ng.hateblo.jp/
壷屋さん https://karing.base.ec
マシュマロ https://marshmallow-qa.com/ka_ri_ng
※返信はTwitterにて