今日の思想

日々の思想備忘録

2021年10月13日(水)の思想

目次


串カツ田中

の、ファンブックを買った。
240円以下の串カツが一律110円で食べれるパスポートがついてくるのだが、このパスポートがなんと来年8月末まで使えて、私が持っていると同グループ全員が割引対象になる。

数日前に行こうと思っていたのだが調子が悪くて断念してしまい、早く行きたいなーーとウズウズしている。

来年の8月までに串カツ田中に行きたい人がいたら遠慮なく連絡してください!!!!!!!!

これ。


アートマート

先日、友人と井の頭公園を散歩していると、久々にアートマートが開催されていた。
手作り品の即売会みたいな奴。

アートマートは、生活に直接必要のないのかもしれないが時間かけてこだわりを詰め込んで手作りされた作品達が並んでいる。
ひとつひとつのブースを眺めて、作者とお話しして、こういう人が作ったんだ~とか、こういう思いで作ったんだ~とか、そういう事をゆっくり自分の体に取り入れて、その上で商品を買ったりショップカードをもらったりする。

気が付けば生活に必要なものをネット通販でポチッと買ってばかりの日々になってしまったけれど、こういう時間って忘れちゃいけないんだよな。
創る事も、創る人を思う事も、全部大事。

豊かさってこういう事なのかなあと思いながら歩く井の頭公園は、メンタルに物凄くいい影響を与えてくれたのだった。

脚が悪いので

よく膝を組んで座るんですけど。
すると、電車の中で正義感の強そうなオッサンオバサンに注意される率がめちゃくちゃ高い。
今日も全力で注意をされて「脚が悪いので……すみません」と答えたら黙りこくって何も言わなくなってしまった。

混んでる電車の中で膝を組んで座る事って、周りからしたらとてつもなく迷惑なのは理解している。
けれど、そうやって座らないと全身が痛くなってしまうので、行儀が悪いと理解した上で自分を守るために取っている行動だし、だからこそ選んで優先席に座ってるのに、なんなら優先席に座ってる事さえも注意される事が頻繁にある。

注意した方からしたら、いい事をしたとか言ってやったとかそういう感情の先の発言に、自分が明らかに悪いと思わされるカウンターを食らったので何も言えなくなるのは解るんだけど。
でも一言くらい謝るべきじゃない?と常々思う。
高圧的に言ってくる人ほどバツが悪そうに黙りこくって、謝りもしない。
こちらはめちゃくちゃ傷付いてるのですが…………。


私が傷付いた事自体ももちろん悲しいしそうだし、こういう事で沢山の人が日々傷付いてる世の中な事が悲しい。

年齢や見た目に関係なく、色んな困難を抱えて生きている人間がいる。
目の前にいる人間が自分と同じ環境下に置かれて生きてると思ったら大間違いだ。

ハナから悪と決めつけて正義の鉄拳食らわせたったわ!とするのではなく、目の前にいる人間にどういうバックボーンがあってそうなっているのか?という事をほんの少しずつでも思いやり合えたら、もうちょっとだけでも世界が優しくなれるのになあ~~。


ヘルプカード、便利なんだけどなるべく身に付けずに生活したいな~と思っていて。
なんかな、苦労してる側が主張しないと傷付く世界なのが悲しいんだよな。
あと、それで主張する事により私より大変な人が何かを言い出せない空気になるのが嫌で避けてたんだけど。
こういう些末な事でいちいち傷付くのがしょうもないからちゃんと持ち歩こうと思った。

もうヘルプカードをイヤリングにして両耳から下げて出掛けたろうか!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?


そして、今日とて鬱

天気が悪いとダメだダメだ!!!!!!

絶賛迷いの森の中……という感じ。
月曜にあれだけ長々綴った事に対して、自分でやっぱり物凄く後ろめたさがあるというか、罪悪感があるというか、自分の心はもう無理だって言ってるけど、続けたかった自分もいるから結局何が正解かわからなくて。

自分にとって、きっと自分が死ぬよりも何かを途中で投げ出す事の方が辛いから、今自分が立ってる分かれ道の左右どちらを取ってもきっとめちゃくちゃ辛い。
だからどちらかを選びたくなくて、どうにかみっつ目の道を見つけ出そうと分かれ道の真ん中にドカンと座って動かなくなってる、みたいな。

「もう嫌だ!ハイやめます!!!!」って出来るほど自分優位に生きられなくて、けれど「続けないのはみっともないからやりますよ!!!!!」って出来るほど強くない。
自分の中の理想というか、目標というか、そういうものを達成出来てない事への自己嫌悪がエグくて、色んな人に優しい言葉をかけてもらって「幸せ者だな」って思いながらも、結局自分で納得して自分を許してあげられないと根本的な解決に至らなさそう。

だからまあ、今はとことん悩むしかないんだけど。

優しくされたから好きになる

みたいな事がまったくない。

「好きになった人に優しくされたい」は、勿論あるんだけど、でもその好きになる人って大体解りやすく優しくはない。
これって多分自分の心の問題で、わざわざ優しくしてくれなさそうな人を好きになって、その人が優しくしてくれる所まで人間関係を構築出来たら自分の事を少しは認められるからそういう風に選んでるのかな?みたいな事を考えてた。

それって本当に"好き"なのか?と思いつつも、人と人との関係値なんてお互いWin-Winだったらそれでよいから色んな形があってそこは問題ないと思うんだけど。

ただ、結局自分にとって辛い道というか、大変な方の道をわざわざ選んでるのは確かだから、私は一体自分自身になんの罪を課せてるのか気になる。
自己評価が低くて自分なんかが簡単に幸せを手にしていいと思ってない部分もあるし、単純に紆余曲折経て得た幸せの方が美しいと思い込んでる所もある。

自分自身が飽き性だから、紆余曲折経て得たものじゃないと簡単にポイッとしてしまいそうで、怖いからそういう行程を踏んでしまうような気もするし、もっと根深い何かがある気もするし、そもそもこうやって悩んで戦い続けてるのが好きなのかもしれないし。

自分が認めた人に「自分の事を認めて欲しい」と思って落ち込む事が多々あるけど、自分が認める人って大概私の事をすぐに認めてくれない人だから、ただのワガママなんじゃないのかと思えてきた。
「簡単には認めて欲しくないけど、ある程度頑張ったら認めてよ」ってそりゃまあ難しいよな。

主観の私と客観の私

別名「演出家の私」と「演者の私」。
が、また喧嘩をしている。

客観の私が求める理想像を、どうやっても主観の私がこなしきれない……というレベルならいいんだけど、頑張ったらなんとかなってしまいそうなギリギリを攻めてるから「いや頑張れば出来るじゃん!?」みたいな責め方になってしまって、メンタルによくない。

後は、人と話していて自分の言葉が客観の私から出てるものなのか、主観の私から出てるものなのかがよくわからなくなる。
「こう言った方がいいだろう」と思ってその場で発した言葉を、数時間後に反芻して「それって本当に自分の意思だったのかな」みたいな疑問が浮かんできて、よくよく考えたらなんか違ったかも、綺麗事だったかも、となったりもする。

自分を偽ってる…………とまではいかないんだけど、自分の中の《理想の自分》として接してる相手に本音を話せていない後ろめたさがあるし、でも本音で話したらきっとこんなに好かれないし、みたいな感情もあるし、後はただ単純に《理想の自分》でいたい、みたいな感覚もあって、それらの気持ちにムラがあってスイッチがパチパチと切り替わってしまう事がよくないんだと思う。

「この人に対してはこう」ってチャンネルを決められていたらこういう風にはならないから、そこがブレないようにしたらいいのかなあ。

謝らないでいられる事

凄い不思議なもんで、仕事をしてる時はその感覚がない。
ギャランティというひとつの物差しで自分の力量というか価値が決められていて、人間性じゃなくて仕事が出来てるか出来てないかが全てだから(いやまあ人間性も仕事をする上でめちゃくちゃ大事なんですが………)変に気負わなくていいというか。
数字って目に見えるものがあるとやっぱり人って安心するのかもしれない。


後は自分が仕事をしてる時の環境がめちゃくちゃいいというか、メインでよく一緒にいる人達は私のポンコツ部分をほどほどに理解してくれてるし、皆それぞれ何かをやったら「ありがとう」が一言目にくる。
お互いにあんまり謝らないし、怒る事も怒られる事もほとんどない。
「やってくれてありがとう」とか「気が付いてくれてありがとう」みたいな言葉が一言目に出る癖がついていて、「いいよいいよ~」って言い合いながら過ごしてる。
だからビクビクせずにいられるし、伸び伸びしてるから他人のミスにも寛容でいられるし、自分が間違った事をしちゃったら素直に謝れる。

お互いのプライベートには必要以上に干渉しないけれど、プライベートで何かがあってしんどい時はお互いに配慮して助け合う。
人の事を嫌な気持ちにさせる人が一人もいないし、考えが違う時は深入りしないか、しっかり話す。
三者からのアプローチで自分達にとって納得がいかない事があったり誰か一人が嫌な目にあったら、きちんとシェアして一緒に文句を言った後に解決策を模索する。


そういう環境にいられる事がありがたいと思うと同時に、そういう環境が存在してしかもそこでお金を貰っているからこそ、世の中の自分がお金を払う場所に対して物凄くシビアになってしまうのかもしれない。

自己評価が低い、が、しかし、そんな自己評価が低い私でもこんなに素晴らしい環境で働けてるのだから、世の中はもっとよくあるべきなのでは?みたいな考え方になっちゃうのかな。
普通に考えてこれって当たり前の事じゃないから、自己評価を高くした方が絶対にいいんだけど。

でもやっぱり私はこういう事がスタンダードな社会というか世の中になって欲しいと思ってしまう。
まあだから自分に対しても世界に対しても、ただただ理想が高すぎるだけなんだよな。
それに対してどこまでどうやって折り合いをつけるか、が、人生の中の課題だよな………。


-------------

Twitter @ka_ri_ng
はてなブログ https://ka-ri-ng.hateblo.jp/
壷屋さん https://karing.base.ec
マシュマロ https://marshmallow-qa.com/ka_ri_ng
※返信はTwitterにて