今日の思想

日々の思想備忘録

2021年11月6日(土)の思想

目次


今日

めっちゃしんどい!正確に言うと昨夜からしんどい!!!
いつもならへらっと流せるような事が上手く流せなくて、心の中にイガイガ残ってしまって物凄く希死念慮来てるね~~!!!という感じ。
クリスマスの事色々考えてるからよくないんだろうな~~~~と思ってるけど、考える事をやめられるほど無関心にはなってないから、自宅で一人でウワーッ!!!!!ってなってる分にはいいんじゃねーのかと言うので自分を許してるけど、自分を許した所でこの心のイガイガが無くなる訳じゃないから、寝て起きたら明日には気持ちが少し楽になってたらいいなと思う。
お酒飲んだらぱっぱらぱーになるかな?と思ったけど、余裕で冷静にいてむしろ余計落ちこんでるのでめちゃくちゃ悪手でしたとさ!!!!!

どうにもならない事を、どうにかしようとしても、どうやったってどうにもならないからそれを受け入れるのが一番早いのに、「どうにかなるんじゃないか」と思ってしまってどうもしてない自分を責めるの、いい加減やめたいなと思うんだけど、どうしても信じる事をやめられないな。
まあそれも自分だから、受け入れて許してあやしてやるしかないんだろうな………。


という訳で昨日までの話の続きです!!!!!
一応今日書いた事でひと段落!のはず!

これまでのあらすじ

おととい
ka-ri-ng2.hateblo.jp

きのう
ka-ri-ng2.hateblo.jp

 

私の瞳の中の俺Ⅱ

な~ぜ~~~お前は俺を見~~~~る~~~~~~♪

という訳でまだ微妙に一昨日からの流れを引きずっている。
こういうのって頭が冴えてる時にガンガン自分の心に踏み入ってった方がいいからね、やってこう!!

私の悪癖から来る多大な悩みの一つに《好きになった相手が、私の瞳の中の自分しか見てない》があるあるである。よよいのよい。

昨日の《演出付けている》のくだりにおける、80を85やら90で語ったりするあのくだり、そうあれですよ。
私が「好きだーーー!!!!」って思う相手って、多かれ少なかれ自分に似てる部分がある人に惹かれる人が多い。
※尚この場合における”好き”は広義である。

つまる所、素の自分にある程度演出づけて見せて周りに振る舞っているのに、それが真実の姿だと思われて「人間として愛されてえ~!」と思ってる人。
その「人間として愛されてえ~!」にめちゃくちゃ反応してしまって、「人間として好きですよーーーーー!!!!!」というC&Rをしまくってしまうんだけども。


これは自分自身もそうだけど、そういう風に思ってる人間が《自分の人間の部分》に対して巨大感情をぶつけられると脳がバグる。
世界の中でひとりぼっちだった中に、突然真の理解者が現れて救い上げてくれたような、そういう気持ちになってしまい、私の言葉がまたそれを増長させる。
別にマインドコントロールしたい訳じゃないんだけど、演劇の見すぎ&人と接して無さすぎてデフォルトの己のコミュニケーションが過剰なんだと思う。

そんで、私のアンテナに引っかかって好きになるような人間は、総じて《表向きの自分》に対するプライドや評価は高いが、それに反して《人間としての自分》の自己肯定感が低い。
なんで解るかって、自分がそうだからだよ!!!!!!!!!!!!!!!


そういう相手に対して「あなたの人間の部分が好きですよ~~~!!!」って巨大感情のハンマーを振りかざしてドカドカ殴っていると、これはもう劇薬にしかならず、脳みそがバグバグのバグでバグってしまう。
相手を視野狭窄に陥らせて、F値を1.0位まで下げてしまう。相手が演じる事を生業にしていたら倍率ドン。
いや、まあこの世の大概の他者への好意って大概そういうもんだけど、私の場合はより一層なんか、なんかあれなんだよな………。

ここから結構ガツガツに依存になって、私自身も依存体質だから依存されてる事に依存して………みたいな狂気のルートを辿るのだけれど(これは同性の友人相手の巨大感情としてもよく巻き起こります。恋愛だけが巨大感情のすべてではないのだ。)、結局この時に相手が見てるのって、私ではなく”私の瞳に映っている自分”なのである。


これはもう、そうやって人を見て、人を語っている時点で私が原因だし、そうやって語る事で自分を好きになってもらおうとしている自分によるものなので別に相手が悪いとも思わないし、そうだとしても《私の瞳に映る相手》は私自身にしか作り出せないのだから、その自分だけのアプローチで他者を惹きつけておく事が100%悪いとも思わない。

そもそも、この世の中に完全に120%相手の事だけが好きで相手を好きって言う話ってありえる?ありえなくね?と思う訳で。
結局私だって自分と同じような価値観で、同じような悩みを抱いてる人間に惹きつけられて「あなたは人間だよ~!」って叫んでる時点で、その相手の中に自分を見出して、そこを愛している訳だから、結局人が他者を愛する事って究極のナルシシズムなんじゃないの?みたいな部分が強い。
そして自己肯定感が低くて、自分を上手く愛してあげられない人ほど、他者の中に自分を見つけて、それを愛する傾向にあるんじゃないかと思う。

え?つまりじゃあこれって悪癖じゃないんじゃない?みたいな所に行くのだけど、まあそれもそうで、別に必ずしも悪ではないから自分の事あんまり責めずに愛してあげようね~~~~!!!と思うんだけど、何がしんどいのかをもうちょい掘り下げる。

見返りを求めるなら離れろ

私は人の素敵な所を見付けて褒めるのが大好きだし、本当は誰かに認めて褒められたい人はそりゃ褒められるのが大好きで。
でも私だって自我を持った一人の人間だから何でもかんでも褒める訳じゃなくて、自分の好きなものとか気に入ったものだから褒めたい。
褒める事にはいつだって全力だけど、全力でなんでも褒める訳じゃないってのが、その内通じなくなっちゃうと、私がしんどくなってしまう。

褒められる気持ちよさを覚えてしまった相手はなんでもかんでも褒められようとしたり、褒められるために行動を変えてしまう。
そうすると「そうじゃねーーーーーーーーー!!!!!!」となり、しかし相手に対して勿論情もあり、相手の希望も読み取れてしまうから、ぐるぐると心が苦しくなっていってしまう。

褒めたいんだけど、褒めたいんだけどね、でも私は私がいいって思ったものを褒めたいからさ、全部褒められなくていいじゃん?あなたが自然にやって、それで褒めるぞ!ってなった時に褒めるからそれでいいじゃん?全部褒めないとダメ?まずい?でも私は私のためのマリオネットが欲しい訳じゃなくてね?え?私が認められないものも褒めないとダメ?それってもう≪”私”が褒める事≫の意味はなくない?私の褒め言葉が欲しいだけだよね、それってさ、もうさ、”私”に興味ないじゃん。


これで、大体闇落ちする。
好きな相手が、私じゃなくて、私の瞳の中の自分の方が好きになっちゃった。悲しいな~~~~!私の事見てくれよ~!!!私を人間として扱ってくれよ~~~~!!!!!
本来「人間として扱われてえ~!」と思っているっぽいから惹かれた相手が、段々私の瞳の中の自分しか見なくなって、私の事を人間として扱ってくれなくなった時に、私の心が潰れて壊れてしまう。
「お前ならわかってくれると思ってたのに!!!!」ってなっちゃうんだろうな。

そう思っちゃう時点で、相手に対して「あなたを人間扱いするから私の事も人間扱いして」という見返りを求めてしまっているから、私も私でよくなくて。
とはいえしんどいのはしんどいから、そう思ってる相手からは一旦距離を取らないと、勝手に自分の中で悪役にしちゃうじゃないですか、それは嫌なんだよな。
今書いてるこの文章、書きながら「いや~~~反省しないとな~~~」とするための掘り下げなので、マジで支離滅裂だな………。


最近のテーマだけど、人に対しても場所に対しても、素直にありがたいと思えなくなったら、それは自分と相手にとっての適切な距離感ではないから少し離れないと………と言うのを意識するようにしている。
これまで生きてきた中でそういう感情に苛まれた時に距離感がダメなんだ!と理解してはいたけど「だからもっと近くに行ってきちんと話したら解決するに違いない!」という思い込みがあった。

いや、違うんだよな。近くに行ってきちんと話す事が出来るような相手だったらとっくにそうしているから、そうなってない以上「ちゃんと話したいのに」と思ってしまってフラストレーションを溜める事が余計に悪手でしかない。
そういう時に出来るたったひとつ唯一の手段は「一旦離れる」でしかないという事に、なんか、最近やっと気がついたっぽい。

おせ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!
気が付くのがおせ~~~!!!
まあ、人生は学びの連続なので!!!!!!このタイミングで気が付いて偉いぞ!!!(2日連続2回目)

このままの僕を愛して欲しい

僕こそ巨大感情!!!!!!!!!!!!

《このままの僕》ってなんなんだろうな~~~。
私が愛して欲しい私は、どこにいるんだろう。
もしかして最初から存在していない説があるな…………。

やっぱでもさ、自分が認めて信じて全力で愛した相手に愛してもらいたいって気持ちは人並み以上にあるから、その相手が、自分を見てるようで結局自分の瞳の中しか見てないのは、心底堪えるんだよな。
なんでだろ、普通に人を愛したり人に愛されたりしたかっただけなのに、どうしてこうなるんだ。
ただ人間でありたいだけなのに!!!人間として人間を愛したいだけなのに!!!!!!!!!!!!


やっぱり自分自身の悩みがどこか主人公体質なんだけど、これは自分自身で自分をそう語ってしまっているからなのか、本当に選ばれし一部の人間だからなのかがもうよくわからない。
でも私の人生における悩みを吐露してる時間、マジで演劇だ。私が好きなタイプの演劇だ。
自分がこうだから演劇に魅了されたけど、演劇に魅了されたからどんどん自分がこうなってる部分がある。卵が先かニワトリが先か何だろうな。


だからなんだろうな、私はやっぱり演劇とかエンタメを単純に消費して生きていきたくないんですよ。
私にとって人生の指標であって、ある意味の仲間でもある。
だから盛り上げよう!と思う事は究極のエゴかもしれないけれど、それらの存在で自分自身が救われてきて、こうやってのびのび元気に巨大感情を振り回して生きていけているから、自分より未来に生まれて自分と同じ悩みや苦しみを抱いている人がいたら、私のように演劇やエンタメに出会って欲しいから、だから私はこの火を消したくなくて、そしていつでも誰でもすぐに見つけられるような大きな炎にしていきたい。

だとすると、やっぱりさ、それには協力が必要な訳じゃん。
私一人じゃどうにもならないから色んな人を巻き込まないとままならない訳じゃん。
与えられるのを待ってるだなんてそんなナンセンスな事は言えない訳じゃん。
だって自分の問題なのに待ってちゃダメじゃない???と思う訳ですよ。

だから私は自分のやれる事をやりたいし、やっていきたい。
そうじゃないと自分の事を生かしてくれたものを、自分の血肉を作り上げて来たものを、まるまる見殺しにする羽目になってしまう。
それはいわゆる《故郷の村を燃やされた》と同じ事なんじゃないのかなと思うから。

でも、その「盛り上げていきたい!」っていうエゴを他人に強要するのもまたナンセンスだから、私は自分の力で、自分のこの悪癖にもなりえる演出付けて他者も自分も騙していける力を上手く使って、もっともっと周りを巻き込んで、楽しくなってもらって、皆で「楽しいじゃん!!!!」って言える世界を、社会を、形成していけたらいいなと思うんですよ。


別にそれは私が偉人になりたいとか、他者から沢山ちやほやされたいとか、そういう訳じゃない。
褒められたいからではなくて、私がやりたいからやって、私が楽しいから楽しむ。
でも、私が求める《楽しむ》は一人じゃ出来ないから、こうやって毎日自分の事を語って「私は切にこう考えてるんだけど皆はどう!?一緒にやってみない!?」って一生懸命叫んでみてる。

その結果が先日のこれに行きつく訳で。
ka-ri-ng2.hateblo.jp



そんでもってそこに「楽しそう!」と思って乗っかってくれた人達は、ある意味で私の事を認めてくれてるのだから、「私の事を人間として見てくれない!」とか言って暴れちゃダメなんだと思う。
そうか、だから悪癖はそっちの方なのでは???
楽しそうに見せておいて、楽しいからおいでよ!とか言ってるくせに「この楽しみを作ってるのは人間なんだぞ!!!」とか言って暴れる心のキャパの狭さが問題なのか?

いやでもさ~~~~~楽しい事を皆で楽しくやっていきたいけど≪楽しいものは人間が作っていて万能ではない≫って事も、同時にちゃんと広めてかないとよくないじゃないですか。
だからやっぱりそれを語るのもやめられないし、そこをワンセットにして主張し続けていきたい。


けどまあ、0か100かでいきなりヒステリー起こすのはめちゃくちゃ悪癖だからやめようね!!!!!

………と、言うので自分の心の内をなるべく隠さずにこうやって連日あけすけに話す事で、何かひとつ世界が変わったりしないかしら?と思って見たりもしたから、やってみた訳でした。
この文章の下書きは金曜の午前にポチポチ書いていたのだけど、今日のの昼間ずーーーーんとした事に自分の文章が効いた。なので夜にそこに加筆修正をしている。からもう、それだけで十分意味がある。

自分の足を引っ張る自分の悪癖が一体何で、だとしたらどうやって対処したらもっとスムーズにいくんだろう?みたいな事もきちんと見つめて、どんどんプラスの方にアップデートしていきたいから、自分の嫌な部分に向き合う事も恐れずにやっていきたい。
蓋をしちゃダメなんだ、嫌だと思う事にも、自分の悪癖にも。
向き合って、そこからどうするかを悩んで行かないと上に行けない、先に進めない。


そうやって楽しくしたいし、楽しんでいきたいわね、人生を。
人間だもの……………。

かりを


おしらせ

皆でマザー牧場に行きます!!!!!!!
ka-ri-ng2.hateblo.jp




-------------

Twitter @ka_ri_ng
はてなブログ https://ka-ri-ng.hateblo.jp/
壷屋さん https://karing.base.ec
マシュマロ https://marshmallow-qa.com/ka_ri_ng
※返信はTwitterにて